【 フォトツアー Ⅰ 】

 

ウェディングのロケーションフォトは、ほぼ一日かけて行うもの。

だから、挙式・披露宴と同じように楽しい時間を過ごしていただきたい。

せっかくの写真、せっかくの時間、ステキな衣裳姿をひとつの場所で終わらせるのはあまりにもったいない。

もっともっと地元には素晴らしい場所、面白い場所がある。ふたりが行ってみたい場所や写真をこの機会に撮っておこう。

ちょっとしたフォトツアー。お土産を買ったり、名産品を味わうのだって思い出のひとつ。

そして、その時間をシェア(共有)できるのは私達も楽しみのひとつ。


~ 大正浪漫薫る伊香保の街並みから

     世界遺産・富岡製糸場をめぐる ~

 

古くは万葉集にも登場する群馬県を代表する名湯「伊香保温泉」。

明治以降は竹久夢二、徳富蘆花、夏目漱石、萩原朔太郎、野口雨情などの多くの文人にも愛された温泉地は石段街をはじめ、河鹿橋や榛名湖など多くの風情は今にも残す。

そんな先人の想いも残る伊香保で現代の結婚式と触れ合う写真を撮ってみませんか?

 

一日目はロケーション撮影、二日目は伊香保で挙式・披露宴とせっかくのスパリゾートウェディングを小旅行気分で、、、。

 


伊香保で様々な場所でのロケーション撮影の後は少し足を延ばしてみませんか?

群馬県において新たな名所、2014年に世界遺産登録となった「富岡製糸場」。

近代日本の殖産興業として現存する世界の宝となった産業施設。

 

ここでおふたりも晴れの姿で悠久の時間に触れて、記録しておきませんか?

 

表門を有する東繭倉庫、広くその姿を見渡す西繭倉庫、その倉庫群を構成するフランス積み煉瓦(れんが)。

当時、世界最大を誇った繰糸場など、さまざまな場所が撮影スポットになります。

 

撮影後は富岡の街並みを散策してみたり、名産を味わってみるのも魅力です。


一日かけて、たっぷりロケーション撮影をした後は伊香保温泉に戻り、ゆっくりと宿泊。

 

そして、二日目は挙式・披露宴をそのまま伊香保温泉で執り行う。

ゆったりと過ごす温泉地でのウェディングはきっと、他にはない要素もゲストの満足を実感できることでしょう。

翌日のチェックアウト後も周辺を楽しんで下さい。